忍者ブログ

同人ゲームサークル『なすびあん』の弐型式ブログ。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物語作りってヤツは(青井えう)
なんつっても難しいもんですね。
いつも私が作る物語は難産で、殴りあうみたいにして外に出てきます。
色々と考えて物語の骨組みを考えてはみますけど、貧弱な想像力ではやっぱり全部はまとまりきらなくて。
曖昧なまま書き出してはみるんですけど、それってつまり雲に乗ってみようと飛行機からジャンプしてみるぐらいの気持ちですよね。
ちゃんと物語が一から十まで決まって無いから、ちゃんと良い物語になるかが分からない。

実は作品なんて誰だって作れるんですよ。
例え作ってる本人が飽きちゃっても、主人公の頭に隕石が落として「fin」を入れちゃえば、それで物語は完成するんですから。
誰でも物語なんて作れるのに、それなのに物語を作る人がとっても苦しんでもがきながら筆を動かすのは、クオリティを求めるからです。
つまり結論からいって。作品を創るにあたって問題になるのは完成するかじゃなくて、良い作品になるかどうか。
しかもベターじゃなくて、ベストな作品になるかどうか。
私はこの「なすびあん」の活動を通して、これ言っちゃうのもどーかと思いますが、「ベスト」ではなく「ベター」で活動していました。
だけど次は「ベスト」を目指します。
きっとできあがったそれは、今の時点で私の「ベスト」です。
私はこの作品に、「最高」のクオリティを求めます。

でもふと、世の中を見渡してみますと。
物凄い作品なのに売れていない、評価されていない作品がたくさんあります。
ああ、理解できないなとか思っちゃったり。なんでコレが売れて無いんだろうとか。
信じられないんですけど、それが現実で珍しくも無いそーですね。
それで、そんな風にならないように必死に脳みそを振り絞ってみたりするんです。
何が必要なのか、なにが話題になるのか、どうすれば知名度が上がるのか。
色々と考えるんですけど、それを物語に組み込むにはどうすれば良いかとか、ドンドンドンドン製作作業が複雑化していきまして困ったものです。
そんな事ばっかり考えてるせいで物語が書けません。
宣伝するための話題性を持たせるための要素と、物語を面白くするための要素と、世界観の矛盾をなくすための説明と、物語を盛り上げるための構成と、深みを持たせるためのテーマと、感情移入しやすい人間関係と、分岐ルートそれぞれに対する情報公開量と、それぞれの結果と伏線と……ああああああああああああ何個同時並行処理すれば良いんじゃああああああああ!
ってな感じで、頭がこんがらがっちゃって本当にぐちゃぐちゃに絡まった糸みたいです。
それでも気合いで糸の端から少しずつ少しずつ解いていけば……

なんとかなるんでしょう、たぶん。

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
Copyright ©  -- 製作者日記弐型 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]