忍者ブログ

同人ゲームサークル『なすびあん』の弐型式ブログ。

   
カテゴリー「電波電波カプリッチョ」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日もブログを見ていただいてまことにありがとうございます!
どうもこんにちは青井えうです!お金下さい!

さてさて、今日は電波電波カプリッチョのアンケートのお礼でもっ。
何気にアンケートの回答を39名様の方がしてくれておりまして、本当にありがたい限りです。
特に備考に感想を書いて下さってる方は、舐めるように見させてもらってますので覚悟して下さいね!(怖気に
それから寄付して頂いた方々もありがとうございます!
さすがにアンケートほどの数の寄付は来ておりませんが、それでもフリーゲームに寄付して下さる方がいるのはまさに恵み!
お客様?(プレイヤー様?)は神様です状態です!
なんだか日本もまだまだ捨てたものではないのじゃないのかなと!悪の組織ぶっ潰せるんじゃないのかなと!

そういうわけで、次回作『MYTHOS』もモリモリ書いております!
一応、第一部はほぼ書き終わり、「もしかしたら凄く面白いけど、下手をすれば面白くないってか長くて苦痛そして長い」というシナリオになっております!
いや、書いてる方としてはもちろん面白いんですよ!?
でもなんていうか、ほら。
大爆笑したネタを後で他人に説明したら全然面白くなかったといいますか。
書いてる時は熱に浮かされてるようなところがありますので、錯覚してる感が凄いんですよね。
まあ、とにかく心配な点はキャラ造形をミスってる感がヒシヒシあるので、推敲する時に頑張ります!!

後ですね執筆する時に、ヒジをテーブルについてタイピングするスタイルなのですが、どうやら職業病的な慢性痛が発症してしまったようです。ヒジに。
まあ、チキンな私は少しの違和感で即効調べて原因を特定したから軽傷の部類だと思うのですが、皆さんも気をつけてくださいね!エルボーガードに!
病院いくの面倒ですけど行って来ます!本当嫌です!!注射は嫌いっ、でも看護婦さんが見たいから行きますッ!勘違いするんじゃねぇですぜ兄弟、看護士じゃねえ看護婦ですだ!!
ひゅーヒジ痛を言い訳にシナリオサボれるぜー!

正直、サボっても夢が遠のくだけなのでもっと書きたい。

拍手[0回]

PR
いつも新作の話ばかりですが、今日は久しぶりに電波電波カプリッチョ!の話でも。
この度なすびあんのゲームを登録させて頂いているふりーむ様で、「電波電波カプリッチョ!」はなすびあんの記念すべき処女作、「ずっと一緒に――」のDL数を追い越しました。
2009年公開の「ずっと一緒に――」に対して、2011年公開の電波電波が半年ほどで追い越してしまったのですから、ああ、この作品はそれなりに人気が出たんだなあと。
この作品に寄付して下さった皆様、レビューサイト様各位、レビューしてくれた皆様、感想を寄せて頂いた皆様、そしてプレイして下さった皆様に感謝いたします。
でも欲を言うなら、開始十五分とかでゴミ箱に突っ込んじゃった皆様は、もう一時間だけやってほしいな! いや嘘、90分ほどお願いします!
あ、でもそれでも面白く無いと言われれば本当に申し訳ない感じなんですが。
時間取らせてごめんなさい!うぇっーーい!!(反省しません
本当に今まで「電波電波」を応援して下さった皆様、ありがとうございます!
なすびあんともども、これからもよろしくお願いします!!

しかし自分達の作品というものにシミジミと感慨を抱いてしまう今日この頃。
酸いも甘いも詰まっておりますが、やっぱりこうして反響があると作って良かったなあと思いますね。
「ずっと一緒に――」が2009年とか、もうなんだかんだでなすびあんも長い事やってるんだなあと。
……活動期間は存続期間の半分以下ですが。

ですが、自分に誰かを喜ばせる事ができる能力がある、という事が嬉しいですね。
次回作「MYTHOS」はなすびあん解散を賭けて世に送り出します。
もっともっと沢山の人がウチの作品に感動して、良い気分だし、なんかちょっと良い事しようかなぐらいの気持ちになってくれれば、私も社会の役に立ったのかなあと思う事ができそうだなあとか思ったり。
そのためには全力で作って、最高のモノを仕上げなければなりませんけどね。
一緒にやってくれてるスタッフさんには迷惑かけます。ほんとに。
だけどとりあえずこの作品の完成までは付いて来て頂きたい。
その為にも報酬分をなんとか捻出しなければなりません!
実際にプロを目指すなら利益も考えなければいけませんからね!せめて生活できるだけの!それなりにまとまったお給金を払えるだけの!
宣伝にも力を入れなければいけませんが、とにかく今は作品のクオリティを上げるのに全力を出さねばー。
中途半端なモノでは一切利益は出んのです。
というわけで少なくとも、シナリオは商業作品のノベルに負けてませんよー。
むしろ(私の中では)圧勝ですよー。(私の中では)完封勝利ですよー。(私の中では)歴史に残る名作ですよー。(まだシナリオ完成してません)
そういうわけで、皆さんの期待を無駄に煽ってハードルを上げつつそろそろこの辺で。

利益を出すのに一番の問題は、無料公開を予定している事ですよー……。

拍手[0回]

みなさま電波電波カプリッチョのアンケートへのご参加、ありがとうございます!
特に備考欄に感想なんか書いて頂けてる方はとても参考になります。
むしろアンケート項目、作るのが下手すぎだろと思った今日この頃。次はもっと良い質問を考えよう。

定期的にアンケートは確認させて頂いてます。
貴方の貴重な意見を見逃しはしませんッ!

ではでは、これからもなすびあんをよろしくお願いしゃーす!

拍手[0回]

こんばんは!
この度は「フリーソフト超激辛ゲームレビュー」さんの所で、DECOすけ野郎さんによる投稿レビューが公開されました。
正直作者の私も、電波電波はそろそろ収束に向かう頃だろうと思っていたので、またレビューが出てきてビックリ!
アクセス数70台とか初めてだよぉ……ビクンビクンッ!(腹筋

皆さんに楽しんでもらえているようで純粋に嬉しいです。
この作品は火事場のクソ力的なモノを発揮して作ったので、もしかしたら実力以上のぱわーが出ているのかもしれません。
とりあえず各所のレビューを纏めるとこんな感じになるんでしょうか。

プレイ初期→何コレ・・・主人公の一郎の電波さにドン引き。やめようかな・・・。
プレイ終盤→一郎さんマジかっけぇえええええ!!!

という感じが主な感想のようです。
あと、次にちょくちょく言われるのはギャグが面白い。
そして一定の票を得ているのが「ライオーンさんになら掘られても良い///(意訳)」という意見が多かったです。
そして私の所見ではありますが、大体の手応えで言いますと。
プレイヤー10人中6人は開始十分でゴミ箱に放り投げてる。しかもたぶん間違いない。
私がこのシナリオを書いた当初の考えでは。
「電波はネガティヴなイメージだけど、やりようはあるよね。それに物語は掴みが大事。掴みが電波な始まりだったら、インパクトあって話題になんじゃね?」

というものでした。
しかしまさか、その電波設定のせいで序盤つまずいているとは……。
インパクトはあってもマイナスじゃ意味が無いと学んだ作品でした!

それに皆さんのアンケートや感想を頂きながら、色々と勉強をさせて頂いてます。
ただし次回作に活きてないけどなッ!ヒャッハー!!(モヒカン)

次回作、目標20万ダウンロード寄付1000万なんだけど、十分の一も達成できない気がしてきた。


以下、メールの返信。
>DECOすけ野郎さん
レビュー投稿ありがとうございます!あらすじアレで全然OKです!読んでて何も違和感ありませんでした!ぶっちゃけレビュー四回ぐらいニヤニヤ読みました!私、レビューフェチなんです(
それにしましてもゲームの方、楽しんでいただけたようで何よりでございます。
やはりシナリオで力を入れたシーンを気に入っていただけたようですね!嬉しいです!

次回作は電波電波から打って変わったジャンルのシリアスな作品になりますが、完成した暁にはぜひぜひプレイして見て下さい!



 

拍手[0回]

こんにちはー!
あまりにもブログを更新しないのもどうかと思い、久々に書いてみます!
話題は電波電波カプリッチョ!について。
電波電波はこの度2000ダウンロードを突破し、感想やアンケートの回答もどしどし寄せられております。ありがとうございます!
しかし予想外だったのは、『二つのルートのどちらの方が良かったですか?』という質問。
実は、製作サイドとしては「ひなたルートがぶっちじゃね?」と考えていたのですが、フタを開けて見ればなんとなんと萌ルートがぶっちぎりという展開になっております。
回答数17に対してひなた7:萌10の比率ですね。
はっきり言って予想外の展開に、製作サイドは驚いていたりします。特にシナリオライターの私はその要因を必死に考えてたりします。
不幸な境遇の萌が救われるお話が受けたんだろうかとか、重過ぎない話が良かったのか、ひなたルートでは演出が地味だったのか等など。
「ちげぇよ、萌ルートの良さはそこじゃねーんだよ!!」とシナリオライターの的外れさに怒りに駆られた御仁がいましたら、ぜひぜひブログコメントでもメールでも良いのでご意見をお待ちしております。
 いや、本当に待ってますので。不甲斐無いシナリオ担当に怒りの鉄拳を。(何

ちなみに次回作は、かなり世界観的に重いお話なんですよね。
いや、その割に登場人物達が軽くてアレなのかもしれないですけど、まあ電波電波を楽しむようにプレイすると凄い戸惑ってしまうはず。
電波電波がウケた部分の要因次第で、その良い所は次回作にも引き継がねばならないと思ってるのですが、いまいちウケた要因がはっきり分からない現状。
なかなか悩んでしまう所です。

とにかく物語はヒューマンドラマなんですよねぇ、たぶん……。

拍手[0回]

  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
Copyright ©  -- 製作者日記弐型 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]